「アクラッシュ365」を使うメリットとメカニズム

特許技術による活性膜が悪玉菌や悪臭ガスを取り込んでクラッシュ!

ウイルス感染予防、シックハウス対策にも効果があり、これ1つで幅広くお役立ち!
安全性が高く効果の持続性にも優れたリン酸チタニア系セラミックコート「ACRUSH(アクラッシュ)365」は、健康に悪影響を及ぼす雑菌やウィルス、不快な臭いから皆様の生活を守ります。

光触媒の進化系「無光触媒 アクラッシュ365」とは

「アクラッシュ365」は、リン酸チタニアを主成分とする画期的な無光触媒です。太陽光(紫外線)照射によって効果を発揮する光触媒酸化チタンを出発原料とし、それをリン酸と反応させたことでリン酸チタニアが生成され、除菌抗菌コーティング剤「アクラッシュ365」が誕生しました。

「アクラッシュ365」(水溶性タイプ)について

主成分:リン酸チタニア化合物
活性化メカニズム:H2O2酸化還元
主効果:抗菌、抗ウイルス、消臭、シックハウス症候群原因物質(ホルムアルデヒドやVOC等)の分解
※エタノールなどアルコール類は含んでおりません。

「アクラッシュ365」最大のメリット

効果が一過性でなく長時間持続

除菌や消臭に高い効果をもつ製品はたくさんありますが、「効果がいつまで続くのか?」気になりませんか?

例えば消毒用アルコール(消毒用エタノール)は、ある種の菌・ウイルスに対して即効性がある一方で持続時間は短いと言われています。
菌やウイルスは目に見えないので、頻繁にスプレーしなければ不安だという人も多いのではないでしょうか?

「アクラッシュ365」は即効性と長時間効果持続を兼ね備えていますので、より安心してお使いいただけます。

【いつでも】効果を発揮します

「アクラッシュ365」は光のエネルギーを全く必要としない無光触媒ですので、暗闇でも抗菌・消臭などに絶大な効果を発揮します。また、活性膜がしっかりと固着していれば年単位で効果が持続し、洗濯しても効果が落ちません。

つまり「アクラッシュ365」は24時間365日、目に見えない悪玉菌や悪臭ガスと戦ってくれるのです。

【誰でも】簡単に使えます

光触媒では必要となる有機バインダーが不要。スプレー塗布や浸漬などの簡単な作業で活性膜が形成されますので、どなたでも気軽にお使いいただけます。

【どこでも】安全に使えます

人体や動植物に無害で環境にも優しい安全性の高い製品ですので、どこでも安心してお使いいただけます。

アクラッシュ365」のメカニズム

1.「アクラッシュ365」を対象の基材にスプレー塗布(メーカー推奨は15ml~20ml/1㎡)
2.完全に乾くまでよく乾燥させる(メーカー推奨は最大48時間)ことで、「アクラッシュ365」のナノレベルの微粒子が多孔壁を形成し、基材に隙間なく密着します。
3.基材に高結合し密着した「アクラッシュ365」は、空気中の浮遊ガス(臭いの元)や浮遊菌を吸着します。
4.「アクラッシュ365」が吸着した浮遊ガスや浮遊菌を分解し、浄化して放出します。
これが、「アクラッシュ365」の除菌抗菌消臭のメカニズムです。


乾燥させるだけで活性膜が作られ、空気中の浮遊ガスや浮遊菌を持続的に吸着し分解浄化

「アクラッシュ365」を基材(対象物)に塗布し完全乾燥させると、リン酸チタニア化合物の脱水縮合によりメソポーラスの多機能多孔壁を形成し基材に密着します。同時にイオンを溶出しやすい(例えるなら)H2O2のような表面を形成し、空気中に含まれる水分との酸化還元作用により触媒反応を起こします。

*リン酸チタニア化合物とは
*メソーポラスとは

「アクラッシュ365」の主効果と、副効果

主効果:抗菌・抗ウイルス、消臭のメカニズム

イオンは酸素と解離して生じるため、活性膜上のイオンは常に不安定な状態にあり、安定するために細菌の酵素と化学結合しようとして細菌の核に浸透し細胞分裂を阻止します。

同様の理論で、イオンが悪臭ガスの酵素と直接化学反応し、酸性とアルカリ性の中和反応や、酸化反応することで悪臭成分を無臭化します。

副効果:防カビ・防汚のメカニズム

活性膜はナノ径の微孔をもつ細孔壁で、その表面には親水性防汚効果があります。膜表面はイオン伝導性が高く、静電気を蓄えず汚れを寄せ付けない効果と、汚れても素材と汚れの間に水が浸透して汚れを浮き上がらせ、簡単に洗い流すことができる効果があります。この防汚効果と抗菌効果でカビの付着・生育も防ぐことができます。

効果持続のメカニズム

SEM(電子顕微鏡)写真

実験1.「アクラッシュ365」を塗布した一部に、ダイヤモンドノッチ(ダイヤモンドで付けた切り込み傷)で挽き掻いた凹み部分は、他のサブミクロンの多抗体組織と遜色がなく、膜が削られていないことを示します。
実験2.こちらは布繊維(アクリル繊維)に「アクラッシュ365」を1㎡50mlで塗布したものを電子顕微鏡HC:10 10,000倍で映し出した塗布部分で、同じく多抗体組織が形成されていることを示しています。

基材の表面に形成される多孔質のコーティングは厚み0.05μm〜0.5μmの薄膜ですが非常に強固です。ダイヤモンドノッチ(ダイヤモンドで付けた切り込み傷)で挽き掻いても完全に剥がれ落ちることはなく、挽き掻いた部分にもナノ径の微孔をもつ細孔壁が現れて効果を持続させます。